お問い合わせ

仕組みから考えるSEO対策: キーワード・クエリ・検索意図とは?

この記事は約3分で読めます。
本文は約1896文字です

SEO対策では記事のキーワードが重要だと言われます。

しかし、キーワードを意識して記事を書くというのは具体的にイメージできていますか?

SEOで言う『キーワード』とはGoogle検索で入力する『検索クエリ』のことです。

では、検索クエリを意識して記事を書くということは、そのクエリを記事に入れ込めば意識していることになるでしょうか?

実は、昔はそれでOKでした。

しかし、今はSEO効果は全くなくなり、同じ言葉の繰り返しでは検索順位は上がりません。

目次

Googleが検索結果を表示する仕組み

検索者がGoogleに検索クエリを入力すると、Googleはそのクエリから検索者の検索意図を決定します。

その検索意図を満足する記事はGoogleによってランキングされており、そのランキングが検索結果として表示される仕組みです。

今までの説明で分かるように、検索クエリは、検索意図と紐づいています。

検索意図を満足する記事を構成する関連キーワードは検索クエリ以外に沢山あることになります。

GoogleのAIはページの内容を人間のように理解しない

GoogleのAIは、ページの内容を人間のように理解するほど進化していません。

たまに、検索結果に自動生成したような記事(ワードサラダと呼ばれる)のページが表示されることがありますが、それはGoogleが文章の内容を人間のように理解していない証拠です。

つまり、GoogleのAIは日本語を人間のようには理解はせず、別の方法で文章の内容を把握していると考えられます。

したがって、Googleはそのページが検索意図を満足しているかどうか判断する際にも、文章を真面目に読んでいません。

恐らく、『検索意図を満足(解決)する関連するキーワード』のページ内出現状況を調べて、その出現状況を学習して、ページが検索意図を満足していそうか統計的に判断しているはずです。

SEO対策でキーワードを意識するとは、『キーワード』=『検索クエリ』から『検索意図を推測』し、その検索意図を満足するような記事に含まれるべきキーワードを散りばめた記事を書くということです。

Google検索結果の1ページ目に答えはあるは本当か?

検索結果の1ページ目に表示されている記事は、Googleが考える検索意図を満足しているページです。

検索結果の1ページ目に答えがあるとよく言われます。

確かに、検索結果は検索意図を満足したページのランキングですから、逆に考えていくと、検索上位のページを調べれば、必要な関連キーワードは分かります。

そうなると、そのページと同じ内容であれば、検索上位表示されるはずです。

しかし、実際はそうなりません。

検索順位を決める際に、ドメインランク、ページランク、E-A-Tなどの指標がありますので、ページの内容だけではランキングは上がらないのです。

ページの内容が似通っていればいるほど、それ以外の要素の影響を受けてしまい、弱小サイトではランクが上がらなくなります。

検索1ページ目の結果は内容が被らないための逆指標

検索1ページ目の内容のコピーページでは、検索順位は上がらないのは明白です。

それより上を目指すなら、質と量ともに上回る必要があり、終わりのない消耗戦になります。

これを避けるには、検索1ページ目に書かれていない内容で検索意図を満足するページが必要があります。

検索結果の1ページ目は、内容を被らないようにするために使うべきです。

競合がいなければ、オリジナリティが強くなりますから、E-A-Tの影響は受けにくくなります。

検索1ページ目には無いアプローチで検索意図を満足する(解決する)記事は、検索上位に表示されると思います。

内容が被らない記事を書くためには、検索1ページ目の内容に満足しない人はどのような人か?その人はどれだけいるのかを考えることから始めます。

検索1ページ目とは違うペルソナに向けた記事を書くことで、他の記事と差別化できますから、検索上位に表示されるはずです。

ペルソナを変えてオリジナリティを出した記事を書いたとしても、ユーザーファーストの視点ではページの品質も問われます。

どの程度の品質が必要かを調べるためには、検索1ページ目の他のページが参考になります。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

コメント

コメントする

目次