お問い合わせ

サイトマップインデックスの検出URLが常に0!対処方法はコレでOKです

この記事は約7分で読めます。
本文は約3984文字です

Googleサーチコンソールにはサイトマップを送信する機能があります。

WordPressサイトの場合はプラグインを使用したり、Wordpressコアの機能でサイトマップを生成していると思います。

通常、多くのサイトマップが自動的に生成されるため、Googleサーチコンソールにサイトマップを登録する際にはサイトマップインデックスファイルを1つだけ登録するのが普通です。

サイトによっては、なぜかサイトマップインデックスファイルを登録しても、検出URLが0になってしまうサイトがあります。

目次

サイトマップインデックスを登録して検出URLが0になる理由は?

世界中で『サイトマップインデックスを登録したのに、検出URLが0』になっている人たちが悲鳴を上げています。

しかし、原因を突き止め解決したという人はほぼいません。

というのも、登録しているサイトマップの形式に問題は無く、サイトマップを生成しているプラグインの問題ではないことが明確なので、検出URLが”0″になるのは、Google側の問題(バグ?)であるというのが統一された見解です。

現象としては、Googleはサイトマップインデックスを読み込んでいる、しかし、サイトマップインデックスに記載された各サイトマップは読み込まれないので検出URLが”0″になっているようです。

個別のサイトマップは読み込めることから、何らかの理由でサイトマップインデックスの中身を空っぽとして扱っている、サイトマップを含まないサイトマップインデックスに見えているのだと思います。

原因①:サイトマップのファイル名に問題がある

解決方法は、ファイル名を短くしたり、”-“ハイフンを使わずに”_”アンダースコアを使うというものです。

実際に複数のサイトマッププラグインを切り替えてファイル名を変更してみましたが、解決しませんでした。

これで解決する人は極少数だと思われます。

原因②:サーチコンソールのプロパティが競合している

Googleサーチコンソールにプロパティを追加した時に、ドメインとURLの両方で追加されていると競合してしまうという話もありました。

その場合は、どちらかを削除することで解消したそうです。

私の場合は、プロパティはURLで登録してありドメインプロパティは登録していなかったので、状況は違いましたが、念のため一度プロパティを削除してみましたが、状況はかわりませんでした。

原因③:プラグインの問題

プラグインを変更することでサイトマップインデックスが読み込まれたという事例もあります。

これも試してみましたが、状況は変わりませんでした。

原因④:サイトの評価が低い

Googleがサイトマップを取得する必要が無いサイトだと判断されると、サイトマップインデックスの検出数が”0″になるという説があります。

しかし、これは無理があると思います。

記事が入ってないような新規サイトでも問題なくサイトマップインデックスを登録できるためです。

また、サイトマップインデックスではなく、個別のサイトマップであれば登録できるのであれば関係がありません。

解決策

解決策①:サイトマップインデックスを使わずにサイトマップを登録する

ほとんどのケースで、サイトマップインデックスを登録せずにサイトマップを直接登録する、という方法で解決できます。

サイトマップのファイル名は、使用しているプラグインによって変わりますので、サイトマップインデックスファイルを直接参照し、ファイル名を確認した方がよいです。

もし、サイトマップインデックスの検出URLが”0″になってしまう場合は、シンプルなサイトマップを生成するプラグインに切り替えると、サイトマップファイルの管理が簡単になります。

というのも、1つのサイトマップに登録できるURL数は5000という制限がありますので、高機能なプラグインの場合はサイトマップが分割されますので、手動で登録するファイルが多くなる懸念があるからです。

サイトマップインデックスを生成せずに直接サイトマップファイルを生成するシンプルなプラグインがあります。

このプラグインが生成するサイトマップは1つで、そのファイルにすべてのURLが含まれています。

サーチコンソールに一つのサイトマップを登録するだけで済みます。

解決策②:ドメインを変更すれば問題は解決する可能性が高い

Googleサーチコンソールが世間一般で言われている動きをしない場合、ドメインを変更することでその問題を解決できることがほとんどです。

サイトは同じなのに、ドメインを変更したら問題が解決する場合、そのドメインはGoogleからなんらかのペナルティを受けています。

解決するには、2つの方法があります。

  1. ペナルティを取り除く
  2. そのドメインの使用をあきらめて別のドメインを使う

しかし、ペナルティを取り除くのはとても大変な作業ですので、現実的ではありません。

ドメインを変更して旧ドメインから一括301リダイレクトするのが一番簡単な解決方法になります。

中古ドメインから別のドメインにリダイレクトしてもペナルティは引き継ぎませんのでそこはご安心ください。

使用歴のある中古ドメインを使っていないか?

中古ドメイン業者経由ではなく、期限切れドメインを自分で取得した場合は、過去の使用者がペナルティを受けて手放したドメインの可能性が高いです。

中古ドメイン業者経由で購入した中古ドメインの場合は、そのようなペナルティの可能性は低いのですが、ご自身で取得した中古ドメインの場合は、早い段階でドメインを変更する方が無駄がありません。

また、中古ドメインという認識がなく新規取得した(と思っている)場合でも、実は長らく利用者がいなかった中古ドメインだったということもあり得ます。

ペナルティの可能性を確認するにはそのドメインの過去の運用履歴を確認します。

ドメインの運用履歴を確認するには、weyback machineで確認するのが便利です。

怪しい海外サイトが利用していた場合はそのサイトが受けたペナルティを引き継いでいる可能性が高くなります。

ペナルティは取り除けるか?

ペナルティを受けているドメインを元に戻すのは相当大変な作業になりますし、戻る保証もありません。

検出URLが常に0のSEOへの影響は?

インデックスされていればサイトマップにこだわらなくてOK

サイトマップの送信が上手くいかないと焦って色々と原因を探したり、プラグインを変更したりしますが、多くの場合解決しないのが実情のようです。

XMLサイトマップの送信はSEO対策として必須なのでしょうか?

もし、サイトのインデックスが特に問題なく行われているのであれば、Googleが言うようにサイトマップの送信は必須ではありません。

サイトのページが認識されなかったり、インデックスされないというのであれば、それはペナルティを受けている可能性がありますので、サイトマップ云々以前の問題になります。

サイトマップのSEO効果は低い、Googleは重要視していないというのがリアルだと思います。

クローラーはサイトマップを見てない

中古ドメインなどで前のサイトのサイトマップを送信していない状態でも、クローラーは中古ドメインの以前のサイトのページをクロールしています。

Googleのクローラーはサイトマップを見てクロールしているわけではなく、独自のデータベースに基づいてクロールしています。

サイトマップを送信して登録できたとしても、それはGoogleがサイトマップを参照することができるというだけです。

サイトマップが更新される度に、それを見てGoogleが実際にクロールするかは別の話です。

サイトマップは、Googleサーチコンソールのインデックス状況で参照されているだけとも言えます。

サーチコンソールからダイレクトにURLを送信するのとは全く位置づけが違いますので、SEO的な即効性はほぼ無いです。

先ほども申し上げた通り、Googleは別の基準でサイトのページをクロールしているようですので、サイト内で内部リンクがしっかり張られていて、アクセスが多いサイトであることが、SEO対策としては重要になり、インデックスも促進されるはずです。

サイトマップを送信していないサイトも多い

そもそも論として、Googleサーチコンソールにプロパティを作成して、かつ、サイトマップを送信しているサイトが全てではありません。

広く、様々なサイトをインデックスしたいGoogleの立場からすれば、サーチコンソールからのサイトマップ送信がSEO的に必須条件になっているとは考えられません。

HTMLサイトなどではXMLサイトマップファイルを作成していないことも多いでしょう。

サイトの内容が世の中に求められているものであれば、Googleは嫌でもインデックスするしかない、というのが現実です。

Googleに振り向いてもらえるようにサイトの品質を高めていくことが重要なのかな?と思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

コメント

コメントする

目次