お問い合わせ

2022年 初心者もGoogle アドセンスに最短合格!手順を具体的に説明します

この記事は約8分で読めます。
本文は約4714文字です

Google アドセンスは審査基準が変わって審査に合格するのは難しくなっています。

Google アドセンスの合格が難しくなっている理由は2つです。

  1. 不合格になったときに具体的な問題点がわからない
  2. 審査に通るためにはオリジナルコンテンツを用意しなければならない
  • Google アドセンス合格に必要な記事数は?
  • 不合格理由:価値のない広告枠にならないためには?
  • ドメイン変更時のGoogle アドセンス再申請はどうするべき?

私はここ数カ月でアドセンスに4回合格しています。

目次

Google アドセンスの合格が難しいワケ

不合格になったときに具体的な問題点がわからない

Google アドセンスの審査結果はメールで届きます。メールを見ると定型の文書にGoogle アドセンスの管理画面のリンクがあって具体的な内容は管理画面に行かないと分かりません。

Google アドセンスの管理画面にいくと、申請サイトのところに不合格になった理由が書かれています。

新規サイトや記事が少ないサイトでよくあるのが価値のない広告枠というやつです。

審査サイトの具体的な問題個所については触れられていません。どのサイトにも当てはまる一般論しか説明がないのです。

この辺は、サーチコンソールの手動対策の解除の時と同じ対応になっています。

申請するユーザーが多いのでこの辺は仕方のない対応だと思います。

記事が多いサイトでGoogle アドセンスに不合格になり、原因が価値のない広告枠になってしまうと結構悲惨になります。どの記事が該当するのかわからないので修正範囲が広範囲になります。

Google アドセンス申請時に記事数が少ないサイトの方が、不合格から合格までの道のりは短くなります。

審査に通るためにはオリジナルコンテンツを用意しなければならない

新規サイトや記事が少ないサイトで価値のない広告枠になってしまうと、記事のクオリティを上げつつ、オリジナルコンテンツを用意しないといけなくなります。

Googleは広告出稿してもらう必要があり、そのためには記事が読まれないと意味がありませんから、当たり前の要求のように思います。

考えてみてください、もしご自分がライターに記事を依頼したとします。出来上がった記事を読んでオリジナリティに乏しく、文字数も少なかったら、ライターに書き直してくださいと言いませんか?

Googleはそれと同じことをやっています。

Google アドセンスに合格できたとしても、記事にオリジナリティが無ければ広告クリックの収入は期待できません。記事がよくなければ検索順位も上がりませんし、訪問者の離脱率も高くなりますので、自分にとってもオリジナリティのあるコンテンツが書けるのかどうかは大事な試金石になると思います。

こうすればGoogle アドセンスに合格できる

Google アドセンスに限らず、Google検索に関連する審査はGoogle Botによる自動判定がファーストステップで行われます。その後、人間による判定が行われる2段階評価で審査されます。審査が2段階で行われることはGoogle アドセンス公式動画のなかで明言されています。

まずは、Google Botによる一次審査を通過する必要があります。そこを通過しないと人間の審査に進みません。

Google Botによる一次審査はすぐに判定がでるので、その時点で門前払いを食らっていると審査結果がすぐに届きます。

5記事ぐらい用意する

新規サイトの場合は、サイトのテーマを自分が記事を書きやすいものにします。Google アドセンス合格後にサイトのテーマは変更すればいいので、とりあえず、自分が一番得意な分野にしてください。

そのテーマで他のサイト検索しないでも自分書ける内容で記事を5記事ぐらい集中的に書きます。

おそらく、他のサイトを調べない時点では記事のボリュームはそれほど書けないと思いますが、この時点では大丈夫です。

1記事でも合格した、3記事でも合格したという話はネットで見かけます。しかし、記事数が少なくなると1記事あたりに必要な文字数も増え、要求される品質もあがりますので、まずは5記事ぐらいを目指す方が時間がかからないと思います。

製作途中の記事は、Googleにクロールされないように記事を非公開のまま作業を進めましょう。Googleがクロールすると低品質な記事とみなされてインデックスされにくくなります。

作りかけのサイトを公開するのは逆効果

Googleインデックスされることを確認する

手動でインデックス登録しなくても、サイトマップを登録しておけば勝手にクロールするはずですが、なかなか登録されないこともありますので、書いた記事は全てGoogleサーチコンソールでインデックス登録の依頼をします。

ただ、一日にインデックス登録依頼できる回数が決まっていますので、時間をかけて登録していきましょう。

一週間ぐらい待ちましょう。

Googleインデックスされない記事は、サーチコンソールでみると、検出⇒インデックス未登録ということです。Google的には検索結果に表示する必要が無いと判断され、インデックスが見送られた記事です。

インデックスされるかどうかは、Google アドセンスの審査と同じような判定がなされますので、インデックスされない記事は少なくとも今の時点ではGoogleから見て価値が無いと見なされています。

インデックスされた記事はGoogle的には価値があるという判断ですので、大事に育てます。

記事をリライトしてボリュームを増やす

インデックスされた記事は価値があるということですので、記事をリライトしていきます。

画像を追加したり、情報を増やしたり、オリジナリティを追加して、3000文字ぐらいを目指します。

リライトすると基本は検索順位が上がります。検索順位が上がるということはそれだけ記事の価値が上がっているということです。

Google アドセンスの申請をする

満を持してGoogle AdSsnseの申請をしましょう。

審査には1週間ぐらいかかると思った方が良いです。

審査は長い方が安心できます。

人間が審査している場合は、審査に時間がかかるのは当たり前ですよね。

スグに審査結果が来る場合は往々にしてGoogle Botの最初の審査でNGをくらっている可能性があります。

Google アドセンスの審査期間はどれぐらい?

Google アドセンスの審査期間は公式サイトによれば数日から2週間です。これはGoogle Botによる一次審査を通過したサイトを人間が審査する期間に色んな要因が絡むためです。

1日で通過する人もいれば、2週間以上かかって合格する人もいます。

Google アドセンスに合格した人の審査結果が届くまでの期間は、平均5日ぐらいだと思います。

審査結果が速く届くのは基本悪い知らせだと思ってよいです。

Google アドセンスの審査期間が公式で3日と書かれているサイトがありますが、それは異議申し立ての審査期間のことで、Google アドセンスの審査期間ではないので注意してください。

審査結果が来て不合格だったら?

とりあえず、心当たりがある部分を修正します。

その後、1週間ぐらい寝かせましょう。

すぐに再審査の依頼をすると、1日後ぐらいに結果が来ますが、殆どの場合Google Botで自動的に弾かれてしまう確率がとても高く、人間の審査まで進みません。

焦って再申請するよりも、寝かせてから申請することがとても大事です。

ドメイン変更時のGoogle アドセンス再審査はどうするのがベスト?

最近はSEO対策で中古ドメインが流行っています。中古ドメインはドメイン変更になるので、Google アドセンスも再審査を受ける必要があります。

今までGoogle アドセンスを表示させていたサイトだから再審査を受けたら簡単に通ると思っているならそれは危ないです。

Google アドセンスの審査基準は以前よりも厳しくなっていますから、現在のサイトで審査に通るかは別問題です。

中古ドメインで新規サイトを作り、新規記事でGoogle アドセンスの合格を目指す

急いで中古ドメインにサイトを乗せ換えてしまうと取り返しがつかなくなる可能性があります。

中古ドメインに自分のサイトを移してGoogle アドセンスの申請した場合、もし不合格になった時に修正が大変です。

まずは、いままで説明してきた内容で中古ドメインに新規サイトを作ってGoogle アドセンスの審査申請をして、合格を目指しましょう。

中古ドメインでGoogle アドセンスに合格してからサイトを乗せ換える

中古ドメインでGoogle アドセンスに合格出来たら、そのサイトは消していいので、自分のサイトに乗せ換えます。

その後、旧ドメインから中古ドメインに301リダイレクトすれば、中古ドメインへの載せ替えは完了します。

まとめ

Google アドセンスは審査が厳しいからこそ、その後のサイトの成長を占う意味でもチャレンジしたいアフィリエイトです。

Google アドセンスで稼げるサイトになるには、アクセス数が一日に1万人とか来るサイトじゃないとなかなか厳しいと思います。

焦ってGoogle アドセンスに申請する必要はありません。しかし、サイトを作り込んでからだと審査NGの時に変更する量が多くなる問題がありますので、将来的にGoogle アドセンスに挑戦するつもりがあるのであれば、サイトを始めるときに今回ご紹介した手順で申請するのがGoogle アドセンスの審査に振り回されない最善の方法だと思います。

合格したらGoogle アドセンス狩りに注意しましょう

Google アドセンス合格に必要な記事数は?

1記事や3記事でも合格したという人はいますが、記事数が少なくなるほど1記事あたりに必要な文字数は増える傾向があります。5記事以上というのが合格者のスタンダードな記事数です。

不合格理由:価値のない広告枠にならないためには?

Google AdSsnse申請前に記事が確実にインデックスされていることを確認しましょう。インデックスされていない記事はGoogleから見てインデックスする価値が無い記事という判断をしています。

ドメイン変更時のGoogle アドセンス再申請はどうするべき?

ドメインに変更時は同じサイトでも再審査が必要になりますが、真面目にサイトをすべて審査されてしまうので不合格になるケースが結構あります。ドメイン変更時は、変更後のドメインで審査用に新規サイトを作って合格してからドメインを変更する方が簡単です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

コメント

コメントする

目次