お問い合わせ

初心者でも失敗しない人気WordPressテーマの選び方【ブログやメディアサイト】

この記事は約4分で読めます。
本文は約2339文字です

私が気に入って使っている日本のWordpressテーマは3つです。

どれも素晴らしいテーマなのは間違いないです。しかし、用途によって使い分けるべきだと考えます。

目次

まず、結論から

結論から言えば、Cocoon、SWELLと、Snow monkeyは対象とするユーザーが全く違います。そこを勘違いするとテーマを買い直すことになりますのでご注意ください。

スクロールできます
テーマ名用途拡張性記事装飾満足度
SWELLブログ、メディアサイト★★★★★★★★ブログ:★★★★★
サイト制作:★★★
Cocoonブログ、メディアサイト★★★★★★★★★ブログ:★★★★
サイト制作:★
Snow MonkeyコーポレートサイトやLP★★★★★★★ブログ:★
サイト制作:★★★★★

テーマ毎のキャッチフレーズ

各テーマごとにキャッチフレーズがあります。

テーマ名用途キャッチフレーズ
SWELLブログ、メディアサイトシンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ
Cocoonブログ、メディアサイトSEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ
Snow MonkeyコーポレートサイトやLPどんな味付けにも染まる。高級お出汁のような WordPress テーマです。

ブログやメディアサイトで大事なのは『コンテンツと読みやすさ』

SEOはユーザーファーストが一番大事な要素です。ブログやメディアサイトでユーザーファーストを考えるうえで大事なのはコンテンツと読みやすさになるはずです。

実際にわかりやすく記事を書くためには、テキストだけでなく画像、テーブル、装飾なども必要になります。

WordPressテーマにとってのユーザーファーストは、ブログ、メディアサイトの運営者が如何に快適に記事を書けるかになります。

CocoonとSWELLが得意なのは、ブログサイトやメディアサイトです。なぜなら、記事を書くときにとても快適だからです。

CocoonとSWELLにとってのユーザーファーストは何か?と考えると、ユーザーは日本人のブログサイト運営者です。日本人のブログサイト運営者が必要な機能を実現したWordpressテーマと言えます。

SnowMonkey推しの人たちはサイト制作者ばかり

Snow Monkeyは固定ページを作るのが得意なテーマで、Snow Monkeyはコーポレートなど『一点もののサイトを作る』時によく使われます。

SnowMonkeyがサイト制作で便利なのは、HTMLでゴリゴリ書くよりも、固定ページをブロックエディタでレイアウトする方が簡単だからです。

Snow Monkeyはカスタマイズ性がとても高い特徴があり、おそらく日本のテーマでは一番だと思います。フックを使うと子テーマを使ったテンプレートの上書きが必要無くなるなど、サイト制作者にとって便利な機能が豊富に用意されています。

SnowMonkeyにとってのユーザーファーストは何か?を考えると、ユーザーはサイト制作者なのです。サイト制作者がサイト制作に便利な機能が沢山盛り込まれたWordpressテーマです。サイトを運用してくユーザーは対象にしていません。

Snow Monkeyには他のテーマにあるブログ記事を書くのに便利な機能が付いていません。SnowMonkeyブロックやSnowMonkeyエディアなど、記事を書きやすくするプラグインが別途用意されていますが、海外製のプラグインと同じく、ただ機能があるだけで、利用者が本当に欲しい機能もなく、使い心地もよくありません。

実際、SnowMonkey推しっブログを書いていた人が、その後、SWELLに移行しているのをよく見かけます。

このようにテーマによって得意な分野が違います。なぜ違うのかと言えばテーマによって、ユーザーファーストを考えた時のユーザーが違うからです。

まとめ:SnowMonkeyはサイト制作に便利、SWELLは記事を書くのに便利

昨今のSEO対策では、ブログなどで記事を多く書くのは必然になってきています。サイト制作ではサイトを作って終わりですが、その後の運用のことを考えると、ユーザーはサイト制作者から運用者にユーザーがスイッチするわけです。

最終的には、どのようなサイトでもサイト運用する人が記事を書いている時間の方が長いわけです。

ブログやメディアサイトで記事を書く人であれば、記事の書きやすさが最優先ですので、SWELLやCocoonのようなテーマを選ぶと後悔が少ないと思います。

サイト制作者がSnow Monkey素晴らしいと持ち上げている提灯記事を書いているのは、その人がサイト制作者だからです。注意しましょう。Snow Monkeyは差別化戦略でこのようなテーマになっているので、今後 SWELLのような日本人が泣いて喜ぶようなゴリゴリの多機能テーマに寄せていくことはまず無いと思います。

SnowMonkeyはサイト制作に便利、SWELLは記事を書くのに便利なのは間違いがありません。SEO対策で記事をたくさん書こうと思った時に、ご自身がどちらを重視するのかで選択は変わってくると思います。

少なくともSnowMonkeyは一般ユーザーがアフィリエイトサイトに使うテーマではないことは事実です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

コメント

コメントする

目次